衛生管理 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > カテゴリー - 衛生管理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食中毒を起こさないように

先日ニュースを見ていたら、食中毒の話題がありました。
飲食店に携わるものとしては、こんなニュースは耳が痛いばかりです。

食中毒が出てしまったのは旅館かホテル(すいません、はっきりと記憶していません)
らしく、この時期らしいといえばらしい「ノロウィルス」。

ニュースを見ていても、政治や景気の話題ばかりで
うんざりしていたところに食中毒の話題だったので
ちょっと、自分としては気になるニュースでした。

我々飲食店で働く者にとって
一番怖いのが法律とかそういう圧力ではなく
食中毒というものだと思います。

お客様が食事中にお腹をさすったりとかいう仕草や
小さい子供が嘔吐されたりとか
とにかくそのような行動はとかく敏感になります。

またそういう事が起こらない限り
食中毒の恐怖というものも感じない
というのもちょっと問題かと思います。
まさしく、「事なかれ主義」です。

とはいっても
通常の業務から気をつければいいのではと思うことなのですが
どれだけ気を使っていても、お客様の体調次第では食中毒の一歩手前の「食あたり」も起こってしまうのですから、本当に怖いの一言です。

でも飲食店の店長としては、安全・安心を提供するのが当たり前で、もし食中毒を出すようならば、お店の存続というものは厳しいものとなるのは言うまでもありません。

衛生管理というものはどれだけ気を使っても使いすぎるということはないですし、また衛生管理に投資するお金は惜しむことなくしなければいけないような気がします。

スポンサーサイト
[ 2010/03/08 16:19 ] 衛生管理 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。