繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > アーカイブ - 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲食店開業のための資格とは

今まで知らなかった飲食店開業のための資格 の新事実が見つかるといいですね。

食品衛生責任者は、消費者に安全な食品を提供し飲食に関する危害の発生を防止するため、食品を扱う施設で衛生の管理を行い、営業者やスタッフに進言したり、スタッフに食品衛生上の教育を行ったりします。受講希望のキャンセル待ちが出るほど取得希望者が多い資格なのです。もちろん、受講を申し込めば講習会に参加することはできますので、ブランクのある方は最近の食品衛生に関する事情を知るため、再び学んでみるのも良いかもしれません。食品衛生法に違反した場合は、指導や罰則、営業停止、営業許可取り消し処分などを受けることもあり、違反して刑罰を受けた場合や許可を取り消された場合は、その日から2年間は食品営業許可が取れないので要注意だ。けれどこの資格、栄養士・管理栄養士の資格があれば、講習を受けなくても飲食店の営業許可を受ける際に保健所に登録することで食品衛生責任者になれることをお忘れなく。飲食店の営業を始めるにはまず、食品衛生法に基づいて、店の所在地を管轄する保健所に「食品営業許可申請」を提出し、許可を受けることが必要だ。

営業許可は、各都道府県の知事の権限に委ねられているため、各都道府県で若干の違いがありますので、各保健所に問い合わせるか、保健所によってはパンフレットが用意してある所もあります。例えば清潔を保つための手段の一つに「手を洗うこと」がありますが、施設で食品を扱い営業を行うには衛生管理が重要であることをスタッフに理解してもらい、教育します。食品を包むパッケージや料理を入れる器も安全にかかわることとして関連してきます。飲食店を開業する場合、食品衛生法に基づき保健所の「飲食店営業許可」が必要になる。調理および製造、加工、販売など、食品の取り扱いに安全確保は必須。一般的な申請・許可は下のような書類・手順が必要となるが、これは各都道府県の所轄となっており、細かい部分は保健所によって異なる。

壁や天井が清掃をしやすい構造である、手洗い設備があるなど、飲食店を含むすべての食品関係の業種に必要な「共通基準」と、十分な冷蔵設備がある、洗浄槽は2槽以上あるといった飲食店向けに定められた「特定基準」に基づいて行われ、これらの施設基準に適合しない場合は許可がおりない。なお、飲食店など食品関係の営業施設には、保健所の食品衛生監視員が日頃から抜き打ち的に立ち入り、施設の衛生状態などを監視している。近年の食品をとりまく衛生状況は変化しています。このテストに合格すれば、食品衛生責任者の有資格者となる。また、地域にもよるが、この資格は開業時点で取っていなくても、3カ月以内(東京都の場合)に必ず取るという誓約書を出せば開業できるようにもなっている。飲食店やお惣菜店など食品関係の営業をする場合は、施設に食品衛生責任者をおかなければならない義務があります。

許可を受けるには、1、食品衛生責任者の資格を持った人を店に1人置くこと、2、都道府県ごとに条例で定められた施設基準に合致した施設を作ること、の2つの条件を満たさなければならない。またスタッフの健康管理や、設備・器具など施設内を衛生に保つということも仕事に含まれます。このことはビル内で飲食店を営業する場合も同じで水質のチェックを行います。ただし、食品衛生責任者の資格は各都道府県内のみ有効となっている。施設の準備が万全に整ってから施設検査を受けるようにしたい。「食品衛生責任者」資格で開業のための営業許可は受けることができますが、食中毒などの衛生的知識は調理に関する専門書などで得る必要があります。

スポンサーサイト
[ 2010/11/23 03:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。