工夫するということ 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > 工夫するということホーム > 自己啓発 > 工夫するということ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

工夫するということ

仕事で工夫するということ。

仕事において、とにかく工夫をすることが大切だと思います。
特に飲食業というものはルーチンワークが非常に多く、
つい日常の業務として無意識のうちに仕事してしまい、
工夫するということを忘れがちになります。

毎日毎日同じことをミスなく繰り返す、これも大切なことだとは思いますが、
毎日同じことを繰り返していたのでは進歩がないような気がします。

自分で考えてみる、そして工夫してみる。
とにかく小さなことでもいいので、
昨日とは違うことをしてみることがポイントではないかと。

たとえ、それが成功しなくても、さらに工夫してみればいいし、
さらに失敗すればまた工夫すればいい。

失敗することを恐れる、ということを感じますが
失敗を恐れるよりも工夫のないことを恐れるほうがいいような気がします。

[ 2010/02/25 00:21 ] 自己啓発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。