マクドナルドの戦略 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > マクドナルドの戦略ホーム > 経営 > マクドナルドの戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクドナルドの戦略

またもや、マクドナルドが新たな戦略を打ち出しましたね。
ポテトを150円にするという、コーヒー無料に続いての
大胆な戦略ですよね。

今回のこのキャンペーンのターゲットは、どの年齢層なのでしょうかね?
いつもの戦略といっしょでついで買いを狙ったものなのでしょうね。

ポテトというくらいですから、
単価が安くなった分、学生さんもターゲットにしているのかも。

やれやれ・・・・。いずれにせよ、ここまでやられると「もう、好きにして!」という感じですかね。

次から次へといろいろなアイデアで、お客様を取り込む戦略はスケールメリットを活かした賜物といえると思います。また他が追随できないような内容なので自然と差別化が進んでいるような気がします。

今、アメリカンバーガーを実施していてそれを買っていただくための販促の意味かもしれませんよね。
[ 2010/03/03 16:15 ] 経営 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。