できない理由を考えるよりも 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > できない理由を考えるよりもホーム > モチベーション > できない理由を考えるよりも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

できない理由を考えるよりも

飲食店の店長に多いのが、できないことに理由をつけて、とにかく言い訳をするということが多々あります。

以前のことですが、こんな部下がいました・・・・
その部下は数字を理解しておらず、仕事の内容も数字に基づいたものでなく、とにかく言っていることがこちらの質問の沿った答えではないのです。

本人は一生懸命やっているつもりでしょうが、やはり機会ロスが発生して、動きにも問題があるのです。

いつまでたっても、行動の改善はなかったので
時間の空いたときに、その部下に指導しました。

その部下は自分が理解していないことを認めようとはせず
また指導した内容に対しても、出来ない理由ばかりを言ってくるのです。

さらには、自分の考えばかり言ってばかりいて
私から言わせればただ単なる理屈のようなものでしかないのです。

こんな部下をお持ちの飲食店の店長はけっこういると思うのですが
腹が立つばかりで話するのも嫌になります。

こんな部下を見るたびに、どうやったらできるようになるか
という理由を考えないものかと思います。

出来ない理由を考えるよりも
どうやったら出来るのかという理由を考える

このようにしたほうが
仕事の効率も上がってくるとは思います。
また売上も上向きになると思います。

[ 2010/03/08 18:36 ] モチベーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。