繁盛店になるためのポイント 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > 繁盛店になるためのポイントホーム > 経営 > 繁盛店になるためのポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

繁盛店になるためのポイント

繁盛店は売上を上げることに関しては
ものすごく貪欲だと思います。

貪欲だからこそ、売上を獲得することができて
常に飲食店業界の中でも繁盛店という位置づけにいられるのだと思います。

繁盛店と呼ばれる飲食店でも
人の一生と同じく、下積みの時代はあったと思います。
そんな苦労を重ねてきたからこそ、今の繁盛店があるのだと感じます。


繁盛店になる裏技、そんなのある訳ありません!!
そんなものがあったら、知りたいくらいです。

商売において本当に大切なのは
とにかく商品を売るために
身体や頭に汗をかくことがポイント。

不景気と呼ばれるご時世だからこそ
売れる期間というのは限られています。

限られているからこそ
売れるときには売る!
というのが大事なこととなってきます。

売れるものを売れるときに売れるところで
売ることが出来なければ、売れるものも売れない!

これって、商売の基本です。

何も考えずに売れる時には
徹底的に身体を使って売上を作る。

比較的暇なときは
徹底的に頭を使ってお客様を呼ぶ。

この考え方の切り替えが
繁盛店になるためには非常に大切だと思います。
[ 2010/03/16 18:36 ] 経営 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。