飲食店を育てる 繁盛店のしていること 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > 飲食店を育てる 繁盛店のしていることホーム > 経営 > 飲食店を育てる 繁盛店のしていること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲食店を育てる 繁盛店のしていること

飲食店というものは年月が経つにつれて、その飲食店独特の習慣というものが育まれます。飲食店に限らずお店というものは「生き物」と同じです。その結果、年月がある程度過ぎたころに躾のよい飲食店になるか、または取り返しのつかない飲食店になってしまうかです。

人間にもお店に当てはまるのですからね。子育てをやった方であれば分かると思いますが、子供を育てるようなそんな感じです。良い習慣であろうが、悪い習慣であろうが、それは年月の経過に伴い育まれてしまいます。

お店に愛情を込めれば込めるほど自分の思った方向に進んでいきますし、逆に手を抜けばそれだけ悪い方向に向かってしまいます。そしてそのタイミングではない場面で手を打ってしまえば結果はでません。もちろん何もしなければ、なにもない結果になってしまいます。

ちょうど良いタイミングで手を打てば、良い結果として反応します。三つ子の魂百までという諺はほんとうに良く言った諺です。

[ 2010/03/25 17:00 ] 経営 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。