役にたつ飲食店関連の情報収集 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > 役にたつ飲食店関連の情報収集ホーム > 集客 > 役にたつ飲食店関連の情報収集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

役にたつ飲食店関連の情報収集

役にたつ飲食店 について世間では色々な情報やうわさが飛び交っていますね。

商品が売れないのはお客様の生活防衛意識のためではありません。この悩みに対応するために飲食店としても何かできないか?そう考えれば、何かできるような気がします。景気が悪いといわれて結構な月日が経ちますがお店が苦しい状況になってしまい、いろいろなことをやってみるがうまくいかない・・・それならと、目先の売上や利益に目がくらみ、あまり意味のない販促をかけたり、必要以上に人件費を削ったりして、数字上はなんとかなっているように思いますが、実際の現場はとんでもない状況に陥っていて、この先どうなってしまうのか?そんな不安が常に付きまとう・・・現在お店の経営が行き詰っているのなら、こんな自問自答をするべきです。

こちらの自己満足だけで何かを企画しても結局はお客様のお役にたつことができなければ人は集まることはありません。であるならば、自分のお店はお客様にとって必要なものを売っているのか、お客様に役にたっているのか、そんなことを考えることが必要だと思います。また集まらなければそれ以降の集客にも結びつきません。

自分の店はお客様のために何ができるだろうか?自分の店はお客様の役に立っているだろうか?お店に限らず、商売というものは商品やサービスを買う方にとっては必要だからとか、どうしても欲しいから、悩みを解決できるから、そんな理由から商品やサービスを購入する意欲がでると思います。お店として「必要とされている」「役に立っている」そんな商品を提供していないお店側にあると思います。それなりに問題はあると思いますが1つ1つクリアして「お客様の役に立つ」ということをしっかりと軸として捉えて取り組めば、なんとかなると思いますが・・・。

自分の店はお客様のために何ができるだろうか?自分の店はお客様の役に立っているだろうか?そんな自問自答をお客様と接するときはしています。たとえば夏休みという期間は何か特別でなにかと子供中心に社会が動いているような、そんな気がします。子供のための何とか教室などとにかく子供の自由課題というものは子供を持つ親にとっては頭の痛いところです。

[ 2010/07/04 19:41 ] 集客 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。