飲食店店長の悩みの最新情報 繁盛店の飲食店カリスマ店長は何もしない!

繁盛店の飲食店店長というのは多忙な役職です。にもかかわらず、カリスマと呼ばれる店長は意外と何もしていないような気がします。そんなカリスマ店長の行動を日夜研究!

ホーム > スポンサー広告 > 飲食店店長の悩みの最新情報ホーム > 未分類 > 飲食店店長の悩みの最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

飲食店店長の悩みの最新情報

飲食店店長の悩み はますます興味深くなり、人々の関心を集めています。

成績が良かった店長は、会社の立場で物事を考えがちで、顧客が主という考えを忘れることが多々あります。店長とスタッフとのコミュニケーションがとれていないと、スタッフのやる気がなくなり、店舗として売り上げ減少になります。クレームが起きれば、真っ先に対応しなければいけないし、従業員に聞かれたらちゃんと答えられるようにしなければいけません。それでも思うように売上があがるかというとそうでもないだろう。そのことによって店舗の料理のポジショニングを把握します。 部下はトップの顔を見て仕事をするものです。

休みはもちろんありますが、問題が起きたとき等に備えて携帯の電源が入らないところに行くことは控える。そうしなければ、給料を払うことが不可能になります。売り上げが落ちると、会議でヤンヤと責められて最悪の場合には、降格になって、新しい店長が来たります。特に店舗に起こっている課題は、「立地・業態・人」の要素が個店ごとに違うため、同じ事象が起きていてもその原因は違うところにあることもしばしばです。例えば、毎月のように数十人のパーティを予約している顧客に対して、些細なことを会社の規則だと主張すると、顧客を怒らせます。特に、接客や商品つくりなどに関しての自分の考えをまとめるといいでしょう。

あなたが、店長になる可能性があるなら、あなたがなる店のスタッフとの協力関係が非常に大切になります。なので、従業員全員との信頼関係を築けない店長は、従業員から文句ばかり言われ、孤立していくんですよ。顧客サービスは飲食店にとってとても重要です。最後に考えられることは顧客サービスです。  ・私は、スタッフが元気で働くような店をつくりたい    ・私は、スタッフのみんながお客様の顔を覚えて、「お客様」ではなく、お客様に「名前」で声をかけることがで    きるような店をつくりたい    ・私は、クオリティの高い商品を提供し、お客様から「いつもここの料理は美味しいね」と言われるような店を    つくりたい  このような感じで、「自分の意思・思い」をしっかりと伝えるのです。1.労働環境が過酷2.従業員との人間関係3.売上4.クレーム5.孤独店長は、店の全てのことを把握していなければいけません。

店長の顧客サービスをチェックします。その分店長人材の採用、育成、定着には多くの飲食店経営者様が頭を悩ませることだと思います。スタッフを雇い、運用し、売上計算や、客の回転の操作からやることが山積みだ。そのためにも、まずは、自分の思い(自分が作りたい店作り像)をしっかりと部下に伝えることで、部下に進んで もらいたい方向、「ゴール」を明確に示すことが重要になってくるのです。トップが何を望んでいるのか、何をやりたいのかを知りたいもの です。現状分析を行ってから店長を分析します。

[ 2011/01/18 02:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。